ロサンゼルス発・トレイルランナーのアウトドア・アドベンチャーblog

中南米での十数年の生活を経て流れ々辿り着いた安住の地ロサンゼルス。今はトレイルランに嵌って野山を駆ける毎日。マラソン、トライアスロン、国立公園でのキャンプなどアウトドア大好き。少しでも多くの人がアウトドアを通してより豊かな人生を送れるよう役立ちそうな情報をお届け。

カテゴリ: 中南米

1990年代のコロンビアは、FARCと呼ばれる反政府ゲリラが山間部やジャングルを中心にゲリラ活動を展開していた時代。時には首都ボゴタなどの都市部でも自動車に起爆装置を仕掛けたコチェボンバと呼ばれる、自動車爆弾でのテロ行為が行われていた。FARCとはFuerzas Armadas Rev ...

1992年当時、私はジョージア州アトランタから南米コロンビアに住まいを移し、標高約2600mのアンデスの高地にある首都ボゴタで、学生として過ごしていました。1623年に設立されたハベリアナ大学という由緒ある大学に籍を置き、その間ビザの関係もあり隣国のエクアドールに足 ...

鉱山の町ポトシはボリビア南部のアンデス高地の山間にある小さな町。標高は何と4067m。歴史から忘れ去られたようなこの町、16世紀には世界有数の鉱業の町として繁栄を謳歌していました。町外れにはスペイン語で豊かな丘を意味する、セロリコという鉱山があります。当時、 ...

インカトレイルを経てマチュピチュへの旅を終えると一路、高山列車に乗ってプノへと向かいました。プノはボリビア国境に程近いチチカカ湖畔にある街。標高は海抜3800mを超えており、富士山頂よりも高いところに位置します。 (インカトレイル、マチュピチュへの旅は、こち ...

1992年冬、隣国のエクアドールから陸路でペルー入りしてから約一ヶ月。バスや高山鉄道を乗り継いで、漸くかつてのインカ帝国の首都クスコに到着。その間、一緒に旅をしていた友人がリマで誘拐されそうになったり、ナスカで食あたりで死にそうになったり、アレキパで寄生虫に ...

↑このページのトップヘ