子供の頃に読んだ本で、時が過ぎても心に残っているストーリーと言うのが誰にでも一つや二つはあるもの。何かの拍子にふっと思い出して懐かしい気分に浸るような。シートンの動物記シリーズの1巻、狼大ロボ。2巻、灰色熊ワーブの冒険(あるいは灰色熊ワーブの一生)は、私にとってのそんなストーリー。

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

960CFC77-00A5-465A-A34D-C765855B7F6B 

若い頃から登山をし、朝のランニングが日課。写真を撮るのが趣味という、今で言うアウトドア派の父親が全巻そろえてくれたシートン動物記。何度も読み返したのを良く覚えている。子供のころは頻繁に山に連れて行ってもらった。大きなザックを背負い、小さな子供にはかなりきつい冬山や、日本アルプスにも足を運んだ。小学校の高学年、そして中学と成長するにつれて、一緒に出掛ける事はなくなった。そして中学卒業まぢかに両親が離婚。その後、私と父親との関係はほぼ途絶えた。

10数年の時が過ぎ、メキシコで結婚をし二児の父となり、忙しく暮らしていたある日。突然、日本から小包が届いた。箱を開けてみると、なんと子供のころに読んでボロボロになったシートンの動物記。そこには、手紙が添えてあるわけでもなく、数冊の読み古した本が入っているだけだった。

顔を合わせる機会は無かったが、父親なりに異国の地にいる息子と、孫たちに思いを馳せ、言葉なきメッセージとしてこの本を送ってきたに違いない。古びた本を通して遥かメキシコまで送られた思いは言葉なくしても痛いほど伝わってきた。その思いを受け取るべく、黄ばんだ本のページを破らないように、幼い時の記憶を遡るかの如く、表紙を開いた。


勿論、最初に手に取ったのは、大のお気に入りだった灰色熊ワーブ。舞台は、アメリカ北西部のロッキー山脈。幼い頃に母親と兄弟をハンターに撃たれて亡くした、実在したと言われるグリズリーベアー・ワーブの一生を描く物語。ひ弱で、やられっぱなしだった小熊が、時と共に逞しく育ち、山の主のような存在となる。そして歳老いて、死の谷へ・・・というストーリ。

ワイオミング州の北西部に位置するイエローストーン国立公園は、まさにワーブが闊歩した野生動物の王国である。

それから数年経ったある日。家族で訪れたイエローストンで傷ついたグリズリーに遭遇した。
まさにワーブそのもの。真近でグリズリーを見た興奮と同時に、昔懐かしいストーリーが脳裏に蘇って、とても感慨深い経験だった。
 

早起きして朝食前にランニングで辺りを探索するのは、旅行中の楽しみの一つ。特に国立公園内での宿泊の際には、未だ薄暗い時間に出かけ、朝もやにかすむ大自然を堪能し、日の出を拝んでから出ないと一日は始まらない。早朝は動物たちも眠りから覚めて、食事にあり付く時間。当然、今回のイエローストーン滞在中も走りに行くぞーと思いきや、家族が猛反対。

というのも、今回の宿泊場所はイエローストーンの中でも、グリズリーと遭遇する可能性が最も高いと思われるエリアを敢えて選んだ。夕刻には三脚にカメラを固定してクマの出現を気長に待つ写真家を沢山見かけた。私としても、用意周到でグリズリー対策用の大型のペッパースプレーを用意。「これがあるから大丈夫」と強気で家族を説得に掛かったが、結果は残念ながら
32で私の負け。

多少話は逸れるが、この3対2の背景を説明すると。私の家族は夫婦、娘一人、息子一人の
4人構成。重要な物事を決める時は民主主義を重んじ、多数決を取ることになっているが、4人家族と言う事で22の引き分けあり。苦肉の策、と言うか私が勝手に作ったルールが、家長二票制度。よって、私は二票を有している。その結果が、グリズリー反対票3、賛成票2ということで、今回は残念ながら朝ランは無しという事になった。
1A24D678-D51A-424C-A219-13589B798A6A
(朝もやに霞むイエローストーン・リバー)
 

楽しみにしていた、イエローストーン大自然モーニングランは見合わせとなったが、車での早朝動物探しツアーは絶対譲れないところ。ここは家長の意地を見せて何とか押し切り、翌朝は早起きを拒む家族を無理やりパジャマのまま車に乗せて、いざ出陣。
IMG_8118
未だ薄暗い周囲に目を凝らすと、餌を食んでいるエルクが方々に見える。朝靄の川を眺めながらのノロノロ運転で走ること
10分程度。前方に黒い塊が。
0654C66B-0664-4136-8998-4EBF4A160DAB
(前方に現れた黒い塊。)
 

ゆっくりと近寄ると黒い塊は、まったく車にひるむ様子も無く、堂々と歩く未だ若いグリズリーベアー。幾度となく熊に遭遇しているが、こんなに近くで見るのは勿論初めて。おとなしそうに見えるが、爪の長さが凄い。これにやられたら、ひとたまりも無い。

 FA2A6CB8-6F8A-425A-992A-0DCA4746E67B

(近くを通っても気にする様子も無い。巨大な爪がはっきりと見える)

おそらく他の熊と大格闘をしたばかり。顔には未だ生々しい傷が残っている。戦いに敗れ傷ついた若い熊は、まさに灰色熊ワーブ。
00E4916F-3617-414B-8FAB-B938F1FE494D
(どことなく悲しそうな表情をしている)

35316D3C-1F82-43C8-8E7B-0BC7FE278201
(川沿いの斜面を歩くワーブ)
FE55E65C-E491-41CF-8B3D-2A1AF70DDF50
数分の後、道路から外れ、川沿いの斜面へと移動し、やがて霧の中に消えていった。それからもう暫く動物探しで車を走らせるも、家族一同興奮冷めやらず。少し落ち着くと子供たちは、「だから言ったでしょう~、一人で走りに行ってたら、あの熊に食べられちゃってたかもしれないよ~」だって。

今回ばかりは、言い訳の余地なし。ぐうの音も出ない。一歩間違えたら、あの巨大な爪で強烈なフックを食らうところだった・・・分別ある家族と民主主義に心から感謝せざるを得ない

 

 1167A0CE-3560-49EB-8F8D-71D3057D9698

(やがて朝靄の中に姿を消した)

シートンの動物記ついででオオカミの話しを少し。
1930年代、アメリカではオオカミは家畜を襲う害獣として駆除され、絶滅の危機にあった。肉食獣が激減したことによりエルクなどの大型の鹿が大繁殖。増えすぎた草食動物に木々は食べつくされ。生態系に大きな影響を与えていた。危機感を抱いたアメリカ政府が、カナダから60数頭のオオカミを連れてきて放ったのが、ここイエローストーン。プロジェクトは大成功を収め、今では動植物の多様性が増え、様々な動物がこの地に戻ってきている。当初60数頭から始まった「蘇れ狼プロジェクト」(私が勝手につけた名前)、今ではワイオミング周辺の3州を中心に1700頭近くまで増え、この地の生態系の一部として生息している。

 

ワンポイント・アドバイス

アメリカ西部の国立公園へ出かけた際にはかなりの頻度で熊を見かけます。幸いこれまで、怖い思いをした事はありませんが、機会をみては雑誌やインターネットでベアーアタックについての情報を得るようにしています。さて対策はと言うと、熊の種類によって異なるのが悩みの種。グリズリーベアーとの遭遇で一番大切なのは、走って逃げない事。近づいてきたら後頭部を庇い地面に伏せる。万が一、小突き回されても死んだ振りをする。

その一方でブラックベアーはと言うと、大きな音を立てて脅かしたり、両手を上げて自分を大きく見せる。それでも襲って来たら石でも棒でも使って戦う事とあります。全く正反対の対策。ということは、まずは襲ってきた熊がグリズリーかブラックベアーかを見極める必要があるということ。

IMGP1959
(ヨセミテで遭遇したブラックベアー。体は薄茶色で巨大。さらにかなり怖い顔をしている。これと戦って勝てる見込みはきわめて低い。騒いで逃げてくれることを祈るのみ)

一般的にはグリズリーは茶色、ブラックベアーは黒と思われがちですが、多くのブラックベアーは茶色。グリズリーは肩に筋肉が盛り上がった瘤があるとか、耳が丸いとか、爪が長いとか、見分け方は色々あるようですが、森の中で熊に遭遇してパニクッている時に、「背中の瘤はあるかなぁ?さぁて、耳はどんな形かな?」と冷静に観察するのは至難の業。熊の識別はさておき、双方に共通することはペッパースプレーが役に立つということ。結局の所、これを信じて、私自身は熊に遭遇しそうなエリアでの朝ランや、人気のないトレイルに立ち入る時にはペッパースプレーを携行するようにしています。
9C9A8F0D-AE0E-4B18-B5E8-A13E43C225B4
(射程距離は10m程度。ある程度近くまで来るのを待って噴射。効果のほどは? 知らないで済むなら、それに越したことはない)
 

アメリカ大陸でグリズリーが生息している地域は、アラスカ、カナダとアメリカの北西部の州に限られています。よって、例えばカリフォルニアで熊を見かけたらブラックベアーと思ってほぼ間違いなく、大声を上げて叫ぶのが賢い対策という事になります。その上で、万が一グリズリーが遥か遠くの州から、偶々遊びに来ていたと言う事であれば、運が悪かったと思って諦めるしかありません。

 

アメリカ国立公園内でキャンプなどをする際の注意点はこちら。

http://nick-d.blog.jp/archives/12872657.html


グリズリーベアーとブラックベアーの違いを説明したサイトがあるので、興味のある方はこちらをどうぞ。

http://www.bearsmart.com/about-bears/know-the-difference/

By Nick D