Day 4: アーチーズとキャニオンランズのベースとなるのはモアブ。国立公園の類が至る所に点在するユタ州にあっても、モアブはアウトドア派にとって天国のような場所。夏は連日40度を越える猛暑となるので、春と秋がモアブの最も人気のある季節。ハイキング、マウンテンバイキング、ラフティング、ロッククライミング、4WDツアーなど、見渡す限りのレッドロックの荒野で様々なアクティビティーを思う存分楽しむことが出来ます。

グランドサークルを一週間で。その1、モデルコース編はこちら:
http://nick-d.blog.jp/archives/14952112.html

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ
にほんブログ村

IMG_7562
アウトドア情報満載で見ているだけでも楽しいサイトがありますので、何でもトライしてみたいという行動派の方はこちらのサイトをご覧ください。

https://utah.com/


インディー・ジョーンズ最後の聖戦のオープニングシーンを始め様々な映画の撮影場所としても知られているアーチーズ国立公園。モアブの町から僅か数キロの距離で、所要時間は
10分程度。ここ数年は訪問者数が急増し渋滞や駐車場不足が深刻な問題となっています。入場者数を制限するために、訪問時間を決めての予約制の導入が検討されているほど。
E9756B26-D2BA-4912-8E95-20D408619EB2
(全長約30kmの園内のルート。赤丸部分が主な見所)

気候の比較的穏やかな春と秋は混雑が特に顕著。灼熱の太陽が振り注ぐ猛暑の夏は人が少ないと思いきや、それでもかなりの混雑を覚悟する必要があります。時期を問わず人混みと猛暑を避けるためには朝早くの訪問がお勧め。
AB20F232-F799-4C23-870D-2CD388B28EB8
(真夏のモアブ。気温は何と47度!驚異的な暑さ。トレイルを歩くときは飲み水を忘れずに)
 

今回の「グランドサークルを一週間で」のモデルプランでは午前中にアーチーズ、午後にキャニオンランズと一日で二箇所訪問のスケジュールとなっていますので、アーチーズには午前7時頃から、願わくば更に早い時間から行動を開始が望まれます。駐車場待ちでの時間ロスを最小限に抑え、混雑する前に絶景を楽しみ、人混みを気にすることなく写真を撮ることが出来ます


アーチーズ国立公園のホームページでは
2時間訪問プランなど、持ち時間に合わせたプランニングのための便利な情報が掲載されています。

https://www.nps.gov/arch/planyourvisit/things2do.htm


IMGP1541
(インディー・ジョーンズでも登場するバランス・ロック)

朝早くから効率的にビューポイントを回り、5時間ほど掛けて並び立つレッドロックの巨岩と数々のアーチを堪能。園内のルートは全長約
30kmのほぼ一本道。主要ルート上にある10ヶ所程のビューポイントを駆け足で回ります。とは言う物の、実際には30キロのルートの全てがビューポイントと言えるほどの美しさ。信じられない光景が緩やかなワインディングロード上に広がっています。多くのビューポイントには短いトレイルがあるので、少しでも赤土のトレイルに足を踏み入れてアーチに近づいてみると、その大きさと迫力に圧倒されること間違いなし。
1AAF11BF-A276-4C18-AD5F-A82011DA5EF5
(大迫力のダブルアーチ)

園内一番奥のデビルズガーデンから始まるランドスケープアーチまでのトレイルは、一時間ほどで往復でき、いくつものアーチを楽しむことができるので、短時間の訪問でも何とか時間を調整して歩いてみたいところ。

06ABD71D-1EA1-49D4-8359-D5F29CCB5F40
(長さ89m。世界最長を誇るランドスケープアーチ)

見逃してはならないのはウィンドウズ・セクションとデリケートアーチのビューポイント。折角ここまで来たのでデリケートアーチまでのトレイルも是非歩きたいところですが、往復
5kmの道のりで2~3時間はかかるので時間の余裕が必要。また、炎天下を歩くので夏は極めて暑く、逆に冬や雨の後は岩場が滑りやすくなるので注意が必要。

 8D449C5D-9651-4B1D-A56A-17B4B8786BDA

(アッパービューポイントからのデリケートアーチの眺め)

午前中一杯かけてアーチーズを回った後は、キャニオンランズで午後を過ごします。キャニオンランズは大きく二つのセクションに分かれています。高地部分が「天空の島」アイランド・イン・ザ・スカイ、低地の渓谷部分がニードルズ。
IMG_7645

それぞれ異なった入り口からのアクセスとなります。キャニオンランズでは様々なアウトドア・アクティビティーが楽しめますが、半日の日程では残念ながらアイランド・イン・ザ・スカイを駆け足で回るのみ。グランドビューポイント、バックキャニオン・オーバールック、さらにはアップヒーバル・ドームなど、キャニオンランズならではのユニークな景観を目にする事が出来ます。

IMG_7647

午前・午後で駆け足で
2つの国立公園廻りをした後は、一路ブライスキャニオンへ。ここからブライスまでは4時間半の道のりとなるので時間配分に気を配る必要あり。

E1C054C9-979D-4F62-9E82-E56FC4E4C74B
 
(次なる目的地ブライスまでは、4時間半程度と遠いので、午後は早めに出発)
 

ワンポイント・アドバイス


冒頭でも書いたようにモアブ周辺はアウトドア天国。楽しいことには事欠きません。アーチーズ、キャニオンランズの景観は、それ自体非常に印象に残るものではありますが、そこでのトレッキングやマウンテンバイクは一生モノの思い出。その1のモデルコース編で提案したように、「見る」観光よりも、「体験」重視の方は、モアブでの滞在を伸ばして、ここでしか出来ないアウトドアスポーツを心行くまで楽しむ事をお勧めします。モアブの町ではマウンテンバイクのレンタルや送迎付きの様々なツアーがあります。

 

ハイキング・トレイル情報

https://utah.com/hiking/moab

 

マウンテンバイキング情報

https://utah.com/mountain-biking/moab

 

ラフティング等、何でもありのモアブ・アドベンチャーセンター

https://www.moabadventurecenter.com


次は、5日目のブライスキャニオンへ続きます:

http://nick-d.blog.jp/archives/15860953.html


By Nick D.